重複的簡單旋律配上手嶌葵的歌聲,有古老童謠的感覺。
歌詞的靈感來自一首詩,由宮崎吾朗寫成現在這樣子變得很有地海味。
(以下是我key的~)

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絕えた風の中 空を摑んだその翼
休めることはできなくて
心を何にたとえよう 鷹のようなこの心
心を何にたとえよう 空を舞うよな悲しさを

雨のそぼ降る岩陰に いつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう
色も霞んだ雨の中 薄桃色の花びらを
愛でてくれる手もなくて
心を何にたとえよう 花のようなこの心
心を何にたとえよう 雨に打たれる切なさを

人影絕えた野の道を 私とともに步んでる
あなたもきっと寂しかろう
虫の囁く草原を ともに道行く人だけど
絕えて物言うこともなく
心を何にたとえよう 一人道行くこの心
心を何にたとえよう 一人ぼっちの寂しさを

    全站熱搜

    蘭子 發表在 痞客邦 留言(3) 人氣()